ネット回線の比較ポイントまとめ|速度・回線種類・注意点

インターネット回線の比較ポイントまとめ|速度・回線種類・注意点

モバイル回線

WiMAXプロバイダー比較!おすすめワイマックスキャンペーン’19年9月版

更新日:

 

WiMAXプロバイダーは料金の安さで選んで大丈夫?

「WiMAXキャンペーンってどれも似たようなものでしょ?

キャッシュバックキャンペーンと月額割引キャンペーン、どっちがお得なんだろう?」

安いWiMAXキャンペーンってどれなの?」

「とにかくおすすめワイマックスプロバイダーを紹介して!」

 

スマホのギガ不足解消のためや、自宅の固定回線の代わりにWiMAXを契約する人が増えています。

格安SIMが普及する前まではヘビーなPCユーザーなど限られた人が契約していたWiMAXですが、今では本当にいろんな人が契約しています。

契約する人が増えていますからWiMAXのサービスを提供する会社(プロバイダー)も沢山増えています。ざっと思い浮かべただけでも20社くらい出てきます。

 

そのため、各プロバイダーではユーザーを獲得するために様々なキャンペーンなどを展開しているのです。

正直なところ数年前の方がキャンペーン自体は盛り上がっていましたが、いろいろ制限がかかっているようで、以前ほどの盛り上がりはなくなってきているのは残念なところ。

それでも、お得なキャンペーンを選ぶのと、キャンペーンを使わないのでは大違いです!

 

WiMAX(ワイマックス)とは・・・

ところで、「ワイマックスって何?」という人向けに、WiMAXについて、簡単に説明しておきます。

WiMAXは正確にはWiMAX2+ですが、今はWiMAXというもの自体がなくなっているので、以下ではWIMAX2+ではなくてWiMAXと書いています。

 

WiMAXはモバイル回線のインターネット接続サービスです。通信速度は最大1.2Gbpsと超高速ですが、実際にはそんなには出ないですし最高速度に対応しているエリアも限られています。それでも十分に高速なモバイル回線です。

WiMAXのエリアは地方を含む都市部ならだいたい接続可能だと思いますが、通信に使っている周波数が高いため室内などは苦手で繋がり難いです。周波数が高いと速度は速くなるのですが、その代わりに壁があったりすると電波が届きにくくなるという欠点も併せ持っているんです。

なので、エリア内でも接続できないことはしばしばあるので注意が必要です。窓際ではなくて建物の奥の方で利用しようと考えている人は特に注意が必要です。

WiMAXは契約前(特に自宅で使う場合)にTry WiMAXという15日間の無料レンタルがありますから、これを利用して、接続できることを確認した後に、契約することをおすすめします。

一応、Try WiMAXはWiMAXの本家本元のUQ WiMAXのサービスですから、UQ WiMAXに申し込む必要があるのですが、Try WiMAXを利用したからといって営業電話がかかってくるようなことはありませんし、別のプロバイダーと契約しても全然問題ありませんから安心してお試しできますよ。

何故かというとUQ WiMAXは自社との契約ではなくて、他のプロバイダーと契約してもらっても儲かるから問題ないんです。だから、営業電話をかけるような無駄遣いはしないと思うんです。実際、私がTry WiMAXした時も営業電話どころか営業メールさえきませんでした。

 

話はもどって、WiMAXは周波数の関係で室内は苦手ですから、自宅で使う場合は窓際などなるべく見通しのいい場所に置いて使うことをおすすめします。

 

WiMAXの料金プランは、月間7GBを上限とする通常プランと、データ通信無制限のギガ放題の二つがあります。

そして、契約は原則3年契約になります。以前は1年や2年契約もあったのですが、現在は3年契約以外はほとんどありません。

WiMAXの契約年数は選択する端末(ルーター)で決まります。2018年末以降に販売開始している最新のルーターの場合は全て3年契約となってしまいます。2年契約できるのはそれ以前に発売されたルーターのみで実際には入手困難ですから2年契約はほぼ不可能と思ってもらっていいでしょう。

3年契約の場合はLTEオプションが無料となっていますからauのLTEエリアならWiMAXが繋がらなくてもLTEで接続することは可能です。

しかしLTEには月間7GBという上限がありますから、なるべく使わないことをおすすめします。LTEが上限に達するとギガ放題でもWiMAXの通信も速度制限対象となってしまうのです。ですからLTEはあくまでも緊急事態用だと割り切っておいた方がいいでしょう。

また、WiMAXの通信制限ですが、3日で10GBとなっています。3日で10GB以上で速度制限になりますが、制限時間が翌日18時頃~翌々日2時頃なので、夜間に使わない人だとあまり気づかない可能性が高いです。

ちなみに私は夜間にネットは使わないので速度制限はないのだと思っていましたw

3日で10GB以上は余裕で使っていたんですけどね。。。

 

WiMAXキャンペーンの現状

では早速料金を詳細にみていきましょう。

なお、WiMAXを契約する場合、ギガ放題を選ばない場合はメリットが少ないので、この後の説明はギガ放題を契約する前提で書いています。

 

WiMAXのギガ放題を契約するケースを例に比較してみます!

 

かたや、WiMAXキャンペーンでもトップクラスの人気を誇るGMOとくとくBB
こなた、WiMAXの本家本元UQ WIMAX

 

UQ WiMAXでもショボ目のキャンペーンは時々実施されていますが、ここではキャンペーンを知らなかったという前提で比較してみます。

ちなみに、キャンペーンはキャンペーンのページ以外から申し込むと適用されないことがほとんどですから、知らない場合は、本当に通常料金を支払うことになってしまいます。

 

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンの2019年9月のキャッシュバック金額は最大32,050円です。なお、端末代はキャンペーン特典の一つで無料となります。

そして、ギガ放題の月額料金は、初月から翌月(1ヶ月目とする)、2ヶ月目までが3,609円で、3ヶ月目以降は4,263円です。ただし初月は日割りになります。

これに、初期費用の3,000円を加え、キャッシュバック金額を差し引くと、3年間の総支払額は123,769円となります。
平均月額料金は3,425円です。

UQ WiMAXはというと、2ヶ月目までが3,696円、3ヶ月目以降は4,380円となります。これに初期費用3,000円と、端末代が加わります。ここではGMOとくとくBBに合わせてW05を選ぶと3,800円です。

合計が163,808円となります。平均月額料金は4,427円です。

  GMOとくとくBB UQ WiMAX
キャッシュバック 32,050円
初期費用 3,000円 3,000円+端末代
初月 3,609円(日割り) 3,696円(日割り)
1~2ヶ月目 3,609円 3,696円
3ヶ月目以降 4,263円 4,380円
3年総額 126,719円 163,808円
WiMAXキャンペーンを利用するのとしないのとでは、3年間の総支払額でみるとなんと約3万7,000円の差があるのです。月換算でも約1,000円の違いです。

これは両極端なケースで比較しましたので、こんなに大きな差ができてしまいましたが、端末を最新型にしたり、キャンペーンのキャッシュバック金額も月ごとに変りますからもっと安い月だと、さすがにココまでの差額は発生しません。

実際、UQ WiMAXでもキャッシュバックキャンペーンを実施しており、最大で13,000円のキャッシュバックとなりますので、3万以内の差となります。それでも、このように1~2万円の差は簡単に開いてしまいますので、キャンペーンを利用しない手はないでしょう。

 

WiMAXキャンペーンは、キャッシュバックと月額割引のどちらがお得?

WiMAXキャンペーンは大きく分けると、キャッシュバックキャンペーンと、月額割引キャンペーンの二種類があります。両方が組み合わさったようなキャンペーンもあります。

 

単純な支払総額だけで考えると、キャッシュバックキャンペーンの方が安いです。

でも、キャッシュバックキャンペーンがおすすめかというと一概にそうとも言えない部分があるのが正直なところです。

 

WiMAXキャッシュバックキャンペーンの問題点

キャッシュバックキャンペーンの場合、キャッシュバックしてもらうことで、結果的に支払総額が安くなるのですが、実は、キャッシュバックしてもらえないケースも少なからず発生します

これを書いている私自身がキャッシュバック貰い損ない経験者なのです。

キャッシュバックは半年から1年後にキャッシュバックの受け取り申請のメールが届きます。これに基づき申請した場合に受け取れる仕組みなのですが、このメールを見逃す人が多いのです。

そんなバカな!とお思いでしょうが、そうでもないんです。というか、ちょっと悪意を感じてしまうような方法でメールが届くプロバイダーも存在するのです。

 

契約申し込みする場合にはメールアドレスを明記しますが、そのメールには届かずに、WiMAXを契約したプロバイダーが用意したメールアドレスに届くプロバイダ-があります。一番人気のGMOとくとくBBこのタイプです。

ですから、このメールアドレスを常に確認しておかなければ、メールを見逃すことになってしまいます。それが私です。

また、このメールアドレスには定期的に広告メールが届きます。従って、いつもの広告メールだと思って見逃してしまうケースもあるようです。

このように、キャッシュバックの受け取りにはリスクが伴います

 

一方で、月額割引の場合は、キャッシュバックの受け取り損ないのようなリスクはありませんから、基本的に計算通りの支払総額となります。

GMOとくとくBBのように月額割引キャンペーンでもキャッシュバックで総支払額を下げているキャンペーンもありますから、こういう場合は受け取り損ないが起こりえますね。

 

従って、一番安くなくてもいいから受け取り損ないの無い月額割引キャンペーンを選ぶ人がとても増えているのが、現状です。

どちらを選ぶかは、皆さん次第ですが、私の経験からすれば、月額割引キャンペーンをおすすめします。

 

というのも、キャッシュバックの受け取り申請は、契約後半年後とか1年後なので、多くの人がその時期を忘れてしまいがちです。

忘れてしまうと、上述したように広告メールと勘違いしたりしますから、受け取り損ないが発生しやすくなるのです。うがった見方をしますと、プロバイダー側ではこういう受け取り損なう人が一定数いることは見込んでいる筈です。

ですから、リスクの少ない月額割引キャンペーンをおすすめするのです。

キャッシュバックと月額割引ではお得度は大差がない

キャッシュバックキャンペーンと月額割引キャンペーンを比較した場合、どの位の差額があるかというと、せいぜい5,000円ほどです。

 

例示していましょう。

ここではキャッシュバックキャンペーンと月額割引キャンペーンの両方を実施しているBIGLOBE WiMAXの例で比較してます。

BIGLOBE WiMAXの月額割引キャンペーンの3年間の総支払額は133,320円です。一方、キャッシュバックキャンペーンの場合は129,310円です。

従って、その差額は3年間で僅か4,010円なのです。。月換算すると約111円/月です。だいたいこの程度だと思っておいて良いでしょう。

このくらいの差なら失敗しない方を選んでおいた方がいいと思いませんか?

ただし、BIGLOBEの場合は、キャッシュバック申請のお知らせのメールが2箇所に届くなど比較的貰い損ないは少ないプロバイダーと言えます。

 

全く知らずに契約するのでは、支払額が随分と変ってきます。

そんなWiMAXキャンペーンを紹介します。

失敗しないWiMAXキャンペーンの選び方

WiMAXキャンペーンは総支払額で比較します。

なぜなら、格安SIM等と異なり、どのプロバイダーと契約しても基本的に速さに違いはありません。

UQ WiMAXの方がおっしゃっていましたが、UQ WiMAXで契約しても他社で契約しても速度は変らないそうです。

従って、単純に安いプロバイダーと契約して全く問題ありません。

ただし、一点、難しいのが、他のサービスを契約する場合、割引対象となるケースです。

 

例えば、BIGLOBEや@niftyなどのプロバイダーで光回線などを利用している場合、その基本料金分が不要となります。従って200~300円/月ほど安くなるのです。

 

となると、3年間で7,000~9,000円ほどの差額となりますから、WiMAX単体で安いプロバイダーを選ぶよりは、光回線と同じプロバイダーを選んだ方が面倒もないしお得度も高くなるのです。

 

WiMAXプロバイダーおすすめ15社の3年間の料金比較!

主要なWiMAXプロバイダーで2019年8月現在契約した場合の3年間の料金の総額を比較する一覧表をご覧ください。

上から下まで見てもらうと分かりますが、3年でおよそ4万円近い差があります。

単純にWiMAXだけの契約だけでもこのくらいの差が出てしまいます。

どうせ契約するなら一番安いプロバイダーで・・・と言うことになりそうですが、この比較表はあくまでもWiMAXだけの料金の比較表ですから、あなたにとって一番安いプロバイダーが、この表で一番安いプロバイダーとは限りません。

加えて、キャッシュバックの場合は上述しましたが、受け取り損なうリスクが伴うので、リスク回避をした方がいいという考え方もあるでしょう。下記表を見て貰うと分かりますが、キャッシュバックキャンペーンと月額割引キャンペーンを比較しても、ビックリするような価格差はありません。

ビッグローブやGMOとくとくBBの例でみれば4,000円ほどです。3年で4,000円前後ですから、月にすると100円程度の話です。これならリスク回避をしておくのも悪くないのではないでしょうか。

私がキャッシュバックを貰い損ねているせいもあるのでしょうが、月額割引キャンペーンをおすすめしたいですw
プロバイダー 実質3年総額 キャンペーン内容 備考
GMOとくとくBB 126,719円 最大32,050円キャッシュバック 初月日割
GMOとくとくBB 127,830円 月額割引 初月日割
JPWiMAX 128,200円 月額割引  
BIGLOBE 129,310円 30,000円キャッシュバック  
Smafi 132,240円 月額割引  
BIGLOBE 133,320円 月額割引  
カシモ 133,368円 月額割引  
DTI 133,430円 月額割引  
hi-ho 138,060円 月額割引  
hi-ho 145,740円 6,000円キャッシュバック  
ワイヤレスゲート
(ヨドバシカメラ)
147,994円 最大15,000円分ヨドバシカメラ商品券  
So-net 148,656円 月額割引  
UQ WiMAX 150,008円 最大13,000円キャッシュバック 初月日割
@nifty 158,241円    
YAMADA Air Mobile WiMAX
(ヤマダ電機)
162,995円    
BIC WiMAX
(ビックカメラ)
162,995円    

 

失敗しないWiMAXの端末(ルーター)の選び方

失敗しないWiMAX端末(ルーター)の選び方なんて、大袈裟に書いていますが、はっきり言ってどれを選んでもさほど違いはありません

最大速度は1.2Gbps対応のルーターが登場していますから、それを選べばいいのでしょうが、実際にはその速度が出るわけでもありませんし、対応エリアも限定されています。

そもそもそんなに速い必要があるのか???という疑問もあります。通常はルーター以外のボトルネックがある筈で、そこまでの速さに対応する必要性があるとは思えません。

 

従って、一つ型落ちのルーターでも全く問題ないと言えます。今は最新機種がモバイルルーターの場合はW06とWX05になるのですが、それぞれ、W05やWX04が一つ前の機種になります。

もしこの型落ちがキャンペーンにあるようなら、最新機種よりは安く買える可能性が高いので、どちらかというと型落ちの方をおすすめしたいくらいですが、WX04は既になくなっていますし、W05も遠からず在庫切れとなるでしょうから、安く契約したいという場合は早く申し込んでおいた方が無難でしょう。

 

ホームルーターの場合は、もう既に旧型はなくなっていると思いますので、最新機種のいずれかを選べばいいでしょう。

モバイルルーターもホームルーターも、NEC製と、ファーウェイ製があるのですが、どちらを選んでも大差はありません。

 

自宅で使う場合は、ホームルーターとモバイルルーターのどちらがいいの?
一人で使うなら持ち歩けるモバイルルーターが無難です。家族で使うのならホームルーターの方がいいかな?

モバイルルーターの場合は1~2人くらいで使用するイメージです。モバイルルーターなら4~5人までは問題なしって感じでしょう。家族で使うのなら、持ち運べる必要もないでしょうからホームルーターにしておいた方が無難かな?と思います。

 

厳選!おすすめのWiMAXキャンペーン5選

おすすめは、やっぱり有名どころのプロバイダーです。

というのも、そもそも割引額が大きいですし、固定回線との併用で更に安くなりますし、安心感もありますね。

正直なところWiMAXプロバイダーの中には、インチキ臭い広告を出しているプロバイダーもあるのです。何かお得なように勘違いさせる内容でよ~~く読むと安くないじゃん!みたいなw

その点、ここで紹介しているプロバイダーは安心です。たぶんw

個人的におすすめはBIGLOBE WiMAX2+です。BIGLOBEの場合、いろんなオプションに加入する必要がありません。

他社の場合はキャンペーン適用条件としてオプションが入っていることがあります。もちろん不要なオプションは解約できるのですが、デフォルトで契約状態になっていることがよくあります。

気づかないで放置していると、そのまま料金が発生してしまうのです。

そして、その解約のタイミングが申し込んですぐにできる場合はさほど問題ではありませんが、契約後の2ヶ月、3ヶ月でないと解約できない場合もあります。その間の料金は無料になることが殆どなので実質的に損することはないのですが、2~3ヶ月も経つと、解約すること自体を忘れてしまいがちです。

ですから、そういう煩わしいことを考える必要のないBIGLOBE WiMAX2+がおすすめです。

BIGLOBE WiMAX2+キャンペーン

「BIGLOBE WiMAX 2+」

BIGLOBE WiMAX2+は今月最大23,000円キャッシュバックキャンペーンと月額大幅割引きのキャンペーン内容を実施中です。
キャッシュバックキャンペーンと月額割引キャンペーンの両方を実施している数少ないプロバイダーの一つです。

キャッシュバックキャンペーンの場合、キャッシュバックは23,000円でギガ放題の月額料金は4,380円/月ですが、支払方法に口座振替を選んだ場合は15,000円のキャッシュバックとなるのでご注意ください。

BIGLOBEの光回線や格安SIMを利用している人ならBIGLOBEのベーシックコース200円が差し引かれるので更にお得ですし、逆にベーシックコース新規契約の場合は最大6ヶ月無料となります。

 

月額大幅値引き特典は、キャッシュバックなくなりますが、月額料金が24ヶ月目まで上記キャンペーンより580円安くなります。

ですからギガ放題プランは1~36ヶ月目が3,800円です。

このキャンペーンも口座振替の場合はクレジットカード払いより割引額が減るので総支払額は上がってしまいますのでご注意ください。

 

単純なお得度で選ぶならGMOとくとくBBですから、素直にGMOとくとくBBにしておくのもいいかもしれません。GMOとくとくBBの場合、オプション加入が条件となっているため、契約した後にオプションを解約する面倒さがあります。加えて、キャッシュバックの受け取りリスクがある点がやや難点です。

GMOとくとくBBキャッシュバックキャンペーン

GMOとくとくBBでは、最大32,050円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

端末にモバイルルーターのW05(クレードルセット)、WX05、W06を選択した場合が最大の32,050円のキャッシュバックで、ホームルーターのSpeed Wi-Fi HOME L02、WiMAX HOME 01が31,550円と分かれています。

 

GMOとくとくBB WiMAX2+ではギガ放題は月額4,263円となっています。

なお、ギガ放題加入なくてもキャッシュバック金額は変わりません。なお、ここのリンク以外から申し込みページに行った場合、キャッシュバック金額が低くなっていることがあるのでご注意ください。

ただし、キャッシュバックの受け取りミスにはご注意ください

上述しましたが、光回線でBIGLOBEで利用しているのであれば、そのプロバイダーと契約した方が無難だろうとは思います。

ところで、2019年6月よりSo-netのキャンペーンも大幅にスケールダウンしてしまいました。そして2019年9月には@niftyのWiMAXキャンペーンが終了してしまいました。

これまではおすすめしていたので一番最後に紹介はしていますが、現状ではあまりおすすめできる要素がありません。光回線でSo-netやを@nifty使っているとしても、う~ん、GMOとくとくBBやBIGLOBEの方がやっぱりおすすめします。

 

So-netは3年の総支払額148,656円で、UQ WiMAXと比較しても大差がありません。@niftyに至っては1万円ほど高くなってしまいました。

 

UQ WiMAX キャンペーン

WiMAXの本家本元として人気のUQ WiMAXでは13,000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です。

UQ Flatツープラスギガ放題(3年)の契約でルーターにW05を選んだ場合に13,000円キャッシュバックとなって、WX05、HOME 01の場合は8,000円、W06とL02は3,000円となります。

 

UQ WiMAXでは数少ない口座振替による支払にも対応しているのですが、キャッシュバックの対象外となってしまいますので、ご注意ください。

UQ WiMAXを契約中は、無料オプションでWiFiサービスのUQ Wi-Fiプレミアムが利用でき、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアが利用できます。

 


 

So-netモバイルWiMAX 2+ 月額割引キャンペーン

So-netモバイル WiMAX 2+は、月額大幅割引キャンペーンを実施しています。

月額料金が割引きで1~12カ月が3,380円、13ヶ月目以降が4,379円(ギガ放題)となっています。正直なところ他社と比較するとかなりお高くなってしまいました。

なお、So-netで光回線などのインターネットを利用中なら上記料金に含まれているモバイルコース200円が不要となるため更に安くなるので、So-netの光回線を利用している人には特におすすめです。

また、2年10カ月目以降なら機種変更が無料になるサービスも提供されているので、長期で利用する人でも最新の端末が利用できて安心ですね。

@nifty WiMAX2+キャッシュバックキャンペーン

nifty WiMAX

@nifty WiMAX2+の今月のキャンペーンは23,000円のキャッシュバックを実施しています。

以前はギガ放題限定だったのですが、このキャンペーンはギガ放題でなくても利用できます。

月額料金は4,350円(ギガ放題)です。@niftyの固定回線の会員は基本料金250円が差し引かれるので4,100円です。

ルーターはW06、WX05、HOME01、L02で、いずれのルーターも無料ではないのですが価格は1円ですw

なお、@nifty WiMAX契約中は、無料のWi-Fiサービスであるau Wi-Fi SPOTが利用できる点もなかなかよいですね。

なお、このキャンペーンは2019年6月30日までとなっています。

 

もっと詳しいWiMAXキャンペーンの情報は下記を参照してください。

-モバイル回線
-, , , , , , , ,

Copyright© インターネット回線の比較ポイントまとめ|速度・回線種類・注意点 , 2019 All Rights Reserved.