ネット回線の比較ポイントまとめ|速度・回線種類・注意点

インターネット回線の比較ポイントまとめ|速度・回線種類・注意点

固定回線とモバイル回線って?これが正しいネット回線の選び方!

投稿日:

固定回線とモバイル回線のメリット

固定回線の魅力とは?

自宅や職場で利用可能なネット回線は、大きく分けると二つの種類に分けることができます。

  • 固定回線
  • モバイル回線

固定回線は、直接的にデバイスと回線を繋ぐことができるサービスです。このデバイスというのはパソコンのようなコンピュータだけではなく、近年では小さな端末やゲーム機などにも繋ぐことが可能です。回線を直接的に繋ぐため、LANケーブルというケーブルを準備してそれを差し込むことができるデバイスを準備する必要があります。

実際に利用する場合には、回線を通すための工事が必要です。固定回線は、主に固定の電話回線を利用して使うことが多く、工事を行う場合には回線を通すための環境が住居にあることが求められます。直接的に回線を繋ぐと、無線の回線と比較して安定してネット通信ができるというメリットがあります。自宅でデスクトップパソコンやゲームをしている人は、固定回線を使ってサービスを利用していることが多いです。

モバイル回線の魅力とは?

モバイル回線とは、LANケーブルなどの有線を必要としないサービスです。固定回線の場合は、工事で回線を繋ぐ必要がありましたが無線では周囲にネット回線の通信を送受信できる基地局があれば、どこで生活をしていても利用できるメリットがあります。モバイル回線という名称ですが、現実的に回線を繋ぐわけではなく、眼に見えない無線のネット通信を実現できることが大きな特徴です。

例えば、固定回線では住宅で回線を繋ぐ時もデータを受信できるルーターという端末を用意しなくてはいけません。モバイル回線の場合は、無線を提供する店舗がモバイルのルーターを所持していれば自由にその回線を使えるメリットがあります。固定回線と比較して通信速度は安定しないケースもありますが、世界中どこにいてもモバイル回線の環境さえあればネット通信ができるので、家庭のネット通信だけではなく企業のネット通信にも利用されていることが多いです。

三つの違いを比較しよう

固定回線とモバイル回線を比較して、大きな違いがあると言えるのは下記の三つです。

  • 費用
  • 通信速度
  • 容量

まず固定回線とモバイル回線では、平均的な月額料金で差が生じています。

  • 固定回線(月額)…約5,000円から6,000円
  • モバイル回線(月額)…約3,000円から4,000円

固定回線では、業者が提供するキャンペーンによって1年から2年程度は料金を安くしてくれるサービスが大半です。そのため、月額料金の平均的な費用が安いと誤解をしている人も相当数います。しかし、こうしたキャンペーンが終わると料金が大きくなることが一般的で、月額料金の平均的な費用ではモバイル回線よりも必ず高くなります。

近年では、光回線という非常に速い回線が好まれていますが、この回線を利用するときにはネット通信の環境が良くなる一方で、支払わなくてはならない費用も高くなる側面があります。固定回線では、これらに加えて初期費用や登録するチャンネル等によって加算式に料金が大きくなります。

固定回線だけを利用したい家庭ならばこれでも構いませんが、固定回線に加えてモバイル回線を利用したい場合には、さらにモバイル回線用の契約をしなくてはいけません。ですから、料金面ではモバイル回線の方が安いと言えます。ただ、モバイル回線を利用する場合には、Wi-Fiルーターという小型のルーターを用意することが必須です。

Wi-Fiルーターを利用する場合、固定回線と比較して容量制限が存在することが多く、頻繁に大規模な容量のデータを取り扱う場合には通信速度が遅くなってしまうことも考えられます。Wi-Fiルーターを利用する顧客は、通信容量が少なくても構わないと考えているライトユーザーであるため、スマートフォン程度の利用ができればそれで構わないと考えているユーザーが使っている傾向があります。

Wi-Fiルーターは持ち運びが可能であるため、一度契約をすればあとはどこでも利用できますし費用も安いですが、通信速度の遅さや容量に違いがあると知っておきましょう。

環境や地域で回線を使い分けよう

固定回線の見極め方

では、固定回線とモバイル回線の使い分けはどのような基準で判断すれば良いのでしょうか。基本的には、通信回線を繋ぎやすい環境にあるかどうかを考えなくてはいけません。たとえ安いサービスがあったとしても、環境が整備されていない地域では現実的に利用することができません。例えば、アパートで暮らしている人はそのアパートが契約をしているプロバイダとしかネット回線を繋ぐことができないこともあります。

住宅内部には、外部とネット回線を繋ぐための設備が存在しますが、暮らしているアパートでそうした設備が存在しない場合には固定回線を繋ぐことができません。特に、築年数が古いアパートや個人経営で行っている物件では環境が整っていないケースもありえますので、どの固定回線を利用できるかを確認したほうが良いです。

固定回線は高速であるメリットがあるかわりに環境を選ぶ性質があるため、その見極めはとても重要です。また、地域によってはその地域が提供しているケーブルテレビを利用したほうが光回線よりも速いネット通信を実現できるケースもあります。

固定回線…環境が必須だが、地域によって良し悪しがある

固定回線は高速に違いありませんが、住宅の環境に依存するケースが多いので知っておきましょう。

モバイル回線の見極め方

一方で、モバイル回線の場合は都会であればほぼ必ず周辺の無線基地局が存在するため、どこにいてもネット通信が可能です。費用が安くて固定回線のように住宅に設備がなくても利用できるため、安心して使えるメリットがあります。これは、自宅や外であっても関係ありません。

ただ、モバイル回線を利用する場合には一つだけ注意点が存在します。それは、住居の建築構造です。例えば、マンションで暮らしている人がモバイル回線で契約をしようと考えた時、その住居の建築構造が鉄筋コンクリートであった場合には通信速度が遅くなる可能性があります。これは、モバイル回線で利用されている電波がコンクリートを通りにくいという性質があるからです。

モバイル回線…環境に強いが、コンクリートなどの障害物には弱い

近年に建築されているマンションは、耐震構造に強い鉄筋コンクリートという素材を利用しています。鉄筋コンクリートを通す電波を使う場合には、別途プランを申し込まなくてはいけなくなるため費用が高くなるケースも考えられます。ですから、モバイル回線でも特にこの点には気をつけておきましょう。

両方使いたいときのセット割引

固定回線とモバイル回線の両方をどうしても使いたい人は、セット割引という方法が利用できます。

セット割引

セット割引は、主に光回線を提供している会社がスマートフォンなどの別のサービスを提供しているときに利用できる方法です。固定回線やモバイル回線を利用するとはいっても、例えば既に回線を繋いでいる別の端末がある場合には、それらをまとめて契約をしてもらった方が分かりやすいですよね。

そこで、光回線を提供している会社が同じような別のサービスを提供している場合、それらをセットにして割引ができるサービスが考えられました。セット割引は、月額で最大2,000円から3,000円近くの料金をお得にできるため、別々に回線を契約することと比較しても費用を節約できます。このように契約をするネット回線とプロバイダに注意をすれば、簡単なことで月額料金を安くできるので覚えておきましょう。

-未分類

Copyright© インターネット回線の比較ポイントまとめ|速度・回線種類・注意点 , 2019 All Rights Reserved.