ネット回線の比較ポイントまとめ|速度・回線種類・注意点

インターネット回線の比較ポイントまとめ|速度・回線種類・注意点

いまさら聞けない!?インターネット回線とプロバイダの選び方とは?

投稿日:

インターネットの仕組み

今や世界中の人々が利用しているインターネットですが、その利便性の高さに毎日触れているにもかかわらず、詳しい仕組みについては理解していない人も、きっと多いことでしょう。インターネットを利用するにあたり、よく聞かれる言葉があります。その言葉の意味とともに、インターネット回線の仕組みをひも解いてみましょう。

インターネット回線とは

インターネットを利用する際、絶対必要とされるのが「回線」であり、回線を準備できなければインターネットを利用することはできません。回線とは、情報のやり取りをするラインのことであり、様々な回線のタイプがあります。インターネットを始めるには、このラインが必要であり、いくつもあるラインの中から、会社やタイプ、種類や特徴を比較検討しながら選んで利用します。

プロバイダとは

プロバイダとは、回線を利用してインターネットの世界へ入る際に、入り口で必要とされるIDやパスワードを発行している会社のことをいいます。インターネットを利用する際、回線と同じく絶対必要不可欠なものであり、プロバイダを決めて契約しなくては、回線があってもインターネットを利用することはできません。

IPアドレスと回線速度

インターネットを利用するにあたり、他にも言葉の意味を理解しておいた方がいいものがあります。インターネットを利用する際に登場する言葉はたくさんあり、すべてを理解するのはとても困難ですが、必要最低限理解しておいた方がいいことをきちんと理解することで、より快適にインターネットを利用することができます。

IPアドレスとは

IPアドレスとは、それぞれのパソコンに割り振られている番号であり、いわばパソコンの「住所」を表す番号でもあります。情報の行き先を管理するために各パソコンに割り振られ、世界中で共通する番号となっています。IPアドレスは、プロバイダと契約する際に割り振られるため、プロバイダ側はこのIPアドレスをもとに、どのパソコンがどんなところにアクセスしたか、どんなところにメールを送信したか、などの情報を得ることができます。

回線速度

インターネットを利用するうえで、どうしても気になるのがこの回線速度です。インターネットの回線速度は、「bps」という単位で、1秒間にどれだけのデータ量を送ることができるかを表しています。この数字が大きければ大きいほど回線の速度が速いということになります。さらに「bps」の単位の前についているアルファベットは、送信できるデータの容量を表したもので、単位は「メガ」や「ギガ」といい、1000メガで1ギガになります。

インターネット回線

インターネット回線の種類

インターネットの回線にはいくつも種類があり、それぞれ特徴があります。

光回線

光回線とは、光ファイバーと呼ばれるケーブルを使って光信号を送る回線で、現在インターネットの速度が1番速く安定している回線です。光ファイバーを扱う会社の収容局から自宅まで、光ファイバーケーブルを引き込むことで利用するため、自宅近くの電柱に光ファイバーケーブルが通っていることが利用するうえでの条件となります。現在主流となっている回線であり、多くの人がこの回線を利用しています。

ADSL

ADSLとは、アナログの固定電話回線を利用したインターネット回線です。既存の電話回線を使うため、NTTの固定電話回線があることが条件となり、さらに専用のモデムが必要となります。光回線の急激な普及により、ADSL利用者は減少しています。

高速モバイル通信

高速モバイル通信は、サービスエリア内であればどこでも好きな時にインターネットを利用することができる、インターネット回線です。専用のSIMカードを通信端末に挿入することで使用でき、サイズが小さく簡単に持ち運べるため、携帯電話と同じ感覚で、街中でいつでもインターネットに接続することができます。

ケーブルテレビ

ケーブルテレビは、日常的に耳にすることのある言葉ですが、その名の通りケーブルテレビの回線を利用したインターネット回線です。固定電話の回線が不要で、テレビチャンネルという特性を生かしたサービスが特徴となっているため、たくさんのテレビチャンネルを利用することができます。光ファイバーと同軸ケーブルを組み合わせているため、他社の光回線と比較すると、少し品質が劣ってしまいます。

インターネット回線の選び方

優先順位や目的

インターネット回線にはそれぞれ特徴があるため、自分がインターネットを利用する目的や、利用するにあたり優先したいことを中心に、選ぶ必要があります。インターネットを利用したい場所や、月々かかる費用、通信速度など、比較することがたくさんあるため、何を優先したいのかを明確にしておく必要があります。

自宅周辺の状況

まずは自分の住居の周辺が、どういうインターネット回線に対応しているのかを知る必要があります。NTTの光回線やケーブルテレビの回線が自宅に引き込めるかどうか、マンションに対応しているかどうかによっても、選べる回線が変わってきます。周辺の回線環境が光回線に対応している場合、速度も速く安定している光回線がおすすめです。対応していない場合はADSLがおすすめで、身近に魅力的なケーブルテレビの会社がある場合、ケーブルテレビがおすすめです。

通信速度

通信速度も回線事業者によって変わってくるため、気になる場合は、しっかり比較する必要があります。高速で安定した速度を維持しているのは、やはり光回線です。ケーブルテレビの速度は、ケーブルテレビ会社によっても違いがあるため、何社か比較しながら検討することが大事です。ADSLは、NTTの基地局から自宅が離れていると、速度が遅くなり不安定になることがあります。

利用する場所

外出先でもインターネットを利用したい人は、モバイルデータ通信が適しています。家で利用する時も自分だけだったり、外出だけでなく引っ越しが多い人も、モバイル通信がおすすめです。

プロバイダ

プロバイダの種類

インターネットを利用するにあたり、プロバイダとの契約も済ませなければ、いくら回線があっても利用することができません。インターネット回線にプロバイダを組み合わせれば、ようやくインターネットを利用することができますが、数多く存在するプロバイダの会社から選ぶことになります。

回線一体型

NTTをはじめとするほとんどの回線事業者が、プロバイダも兼ねているため、実際はプロバイダだけ別に選ばないといけないということは、そう多くはありません。インターネット回線とプロバイダの2つで1セットという考えに基づいていることが多く、回線事業者を選択した時点で必然的にプロバイダも決定することがほとんどです。反対に、回線を解約してしまうとプロバイダのサービスも一緒に解約されることになるため、注意が必要です。

借り受け型

自社で回線を持っていないプロバイダが、他社の回線事業者から回線を借り受けて、回線とプロバイダをセットとしてサービスを提供している会社もあります。引っ越しなどをする際、回線だけを解約し、プロバイダは変更せずにそのままサービスを受けることができます。

プロバイダの選び方

プロバイダを決める前にまずは、インターネット回線を決定しておく必要があります。選んだ回線により、プロバイダも限られてしまうからです。インターネットの通信速度を決めるのは回線ですが、インターネットの環境やサービスを決めるのは、プロバイダの役割です。月々の費用や、サポート内容、オプションサービスなどを参考に決めたり、ドラマやアニメといった動画配信や音楽配信などのコンテンツやサービスによって選ぶのも1つの方法です。

-未分類

Copyright© インターネット回線の比較ポイントまとめ|速度・回線種類・注意点 , 2019 All Rights Reserved.