ネット回線の比較ポイントまとめ|速度・回線種類・注意点

インターネット回線の比較ポイントまとめ|速度・回線種類・注意点

ネット回線の選び方!上手に選んで快適なネット環境を手に入れよう

投稿日:

ネット回線を選ぶ際に考えるポイント1「料金」

インターネットの契約はやはり料金が決め手

引っ越しや契約期間の終了をタイミングにインターネット回線の見直しをしようと考えることがあります。また、初めての一人暮らしの際にインターネットの契約をどこでしようかと悩むこともありますね。新規契約をする際や乗り換えを考えた場合、多くの方が考慮するポイントの1つが「料金」です。

数あるインターネット会社から料金を比較して、できるだけ安くしたいと考えることがあります。回線速度が多少遅くても月々の料金が安くなるのであればその方が良いという場合があります。では、実際にどのような回線があり、それぞれの料金イメージはどういったものなのでしょうか。

ネット回線の種類とそれぞれの料金イメージ

インターネットを利用する際に利用する回線は大きく分けて3つに分類されます。

  • 光回線
  • ADSL
  • 無線タイプの回線

光回線とADSLは有線インターネットです。そのため、自宅に据え置きで利用します。しかし、3つ目の無線タイプの回線であれば場所を気にせず外出先などにもインターネット接続環境を持ち運ぶことができます。料金のイメージですが、光回線は5,000円弱、WiMAXのような無線タイプの回線は4,000〜5,000円台で、ADSLは2,000〜3,000円です。

なお、ADSLは固定電話のセットで契約するとさらに安く利用できる場合があります。これらの料金イメージを参考に、インターネット回線の用途を考慮しながら回線契約を考えていきましょう。

ネット回線を選ぶ際に考えるポイント2「速度」

ネット回線の速度はそれぞれどうか

料金のイメージが大体分かったところで、次は「速度」について確認していきます。当然のことですが、「光回線」は速いというイメージがあります。実際に回線速度(下り)が1Gbpsや2Gbpsといった表示がされているのを広告などで見たことがあるのではないでしょうか。無線タイプの回線であるWiMAXであれば、最大回線速度(下り)は440Mbpsです。ADSLであれば10〜50Mbpsと言われています。

普段、メールサービスやちょっとしたアプリを利用するくらいであればADSLの回線でもストレスなく使えるでしょう。動画も高画質でないものであればADSLでも十分に見ることはできます。ただし環境や天候などによっても回線速度は変わってしまうので、理論値の速度と比較して実際の速度は落ちてしまいます。理論値の速度と実際の速度が異なるのは無線タイプの回線でも光回線でも同じなので、その点は理解しておく必要があります。

料金や速度を比較しながらベストな回線を選ぼう

これまでお話した内容を整理すると、価格と速度を比較しながら回線選びをすることが可能です。料金が高くてもいいので安定して速い回線を使いたいという場合は光回線が望ましいですね。また、4K動画など高画質な動画をストレスなく見たいといった場合も光回線が望ましいでしょう。最低限の利用しかせず、速度は気にしないというのであればADSLでも十分です。

ADSLはプランによって速度を選べるため、ストレスを感じた場合は契約を見直して少し速いプランに変更することで改善できます。自宅以外でもパソコンを持ち運んでインターネットを利用したいという方の場合はWiMAXのような無線タイプの回線がおすすめです。料金は光回線より少し安い程度ですが、利便性は高く出先でも安全にインターネット接続ができます。

ただし、家族がいる場合は自分が回線を持ち運ぶことで自宅にいる家族がインターネット接続できなくなるため無線タイプの回線はおすすめできない場合もあります。また、料金や速度以外にも回線選びの際に注目したいポイントがあります。それは「キャンペーン」の有無です。キャンペーンを利用すると、お得に回線契約ができる場合があります。

ネット回線を選ぶ際に考えるポイント3「キャッシュバック」

数万〜10万円キャッシュバックをする業者が存在する

調べてみると光回線の契約で10万円キャッシュバックする企業もありました。ただし、10万円のキャッシュバックはオプション加入や知人の紹介を前提にしているため、契約が複雑になるなど面倒だと思いがちなことも増えてしまうというデメリットもあります。それでも10万円という額は魅力的なので検討してみる価値は十分にあります。

他にも2万〜3万円を契約後数ヶ月で支払ってくれる業者も存在します。どうせ契約するのであれば少しでもキャッシュバックの料金が高いところで契約したいと思うはずです。キャンペーンは期間が決まっているため、今回本記事では紹介しません。ですが、調べてみると実に多くの業者がキャンペーンをしているので調査してみてください。

ADSLやWiMAXのキャッシュバックキャンペーン

ADSLの場合、月々の利用料金も安いため、キャッシュバックの料金も光回線と比較すると少額です。

それでも1万円台キャッシュバックをしている業者もあるので、チェックしてみる価値はあります。また、WiMAXもキャンペーンを検索すると31,000円キャッシュバックキャンペーンを実施していました。既に契約したい業者が決まっている場合でも事前にキャンペーンが実施されているかどうかを確認しておく方が良いでしょう。

公式サイトではキャッシュバックのキャンペーンを公開していない場合もあるので、「〇〇(サービス名) キャッシュバック」のような検索をしてみましょう。キャンペーン実施中であればお得に契約できます。

家族がいる場合や接続台数が多い場合は速度が速い回線を利用すべき

1Gbpsと10Mbpsでは明らかに違う

一人暮らしであればADSLの低速回線や持ち運びできるWiMAXを利用していてもストレスは感じません。しかし、家族がいる場合は注意が必要です。仮に4人家族で全ての人がスマートフォンやPC、タブレットでインターネット回線を利用するとします。

複数人が同時にインターネット接続をして動画の鑑賞やゲームをした場合、1Gbpsと10Mbpsでは1Gbpsの方がスムーズにネット回線を利用できることは容易に想像できますね。そうなるとADSLやWiMAXではなく光回線を契約した方が家族全員ストレスを感じることなくインターネットを楽しむことができます。

高速回線を利用する際にはそれに合った接続方法やデバイスを利用する

光回線にしているのに、我が家はインターネットが遅いと悩んでいる方は少なくありません。そういった場合、実は接続しているケーブルが速度に対応していない場合や、無線LANの規格が古いものを利用している場合が考えられます。無線LAN接続に関して言えば、ルーターの規格が速度の遅いものになっている場合と受け手のデバイス(端末)が速い無線の規格に対応していないことも考えられます。

他にもモデムとルーターを接続しているLANケーブルが光の速度に対応できていないといった場合も考えられます。これらのことから、光回線を利用して快適なインターネット接続を楽しむためには適切な接続方法が必要であることが分かります。光回線を契約する時には、ルーターやLANケーブルも一緒に検討することで光回線のスピードを体感することができるようになります。

もちろん、理論値と実際の速度は異なりますが、それでも光回線を最大限に活用するためには設備投資が欠かせません。キャンペーンでキャッシュバックされた場合、その分を設備投資に回すなどしてネット環境を充実化しましょう。

-未分類

Copyright© インターネット回線の比較ポイントまとめ|速度・回線種類・注意点 , 2019 All Rights Reserved.