ネット回線の比較ポイントまとめ|速度・回線種類・注意点

インターネット回線の比較ポイントまとめ|速度・回線種類・注意点

【マンション住み必見】ネット回線を光にする際に注意したいこと3つ

更新日:

光回線の工事状況を確認する

一戸建て住宅に光ネット回線を導入するには、回線工事を依頼して自宅までケーブルを引いてもらう必要があります。それに対し、マンションの場合はすでに工事が終了していて回線が引かれているケースがあるため、工事を依頼する前にかならず光回線の工事状況を確認しておきましょう。

建物に光回線が引かれていない場合

マンションに光ネット回線を導入するには、建物にケーブルを引いてくる必要があります。この工事はマンション全体の設備に関わる工事なので、個人の判断では実行できません。管理規約によって必要な手続きが異なりますが、一般的にはこのようなケースではマンションのオーナーや管理会社と交渉して、工事をお願いしないと光回線は引けません。

分譲マンションの場合は、住民同士の話し合いでマンション規約が定める議決手続きを取り工事を行いますが、インターネットを必要としていない世帯と費用負担でもめる確率が高く、工事までは困難が予想されます。

個別に回線を引く戸建てタイプの光回線でも、賃貸ならオーナーの了承は必要不可欠です。勝手に工事して壁に穴でも開けようものなら、原状復帰費用として高額なお金を請求されるので、工事前に必ず許可を取り付けましょう。

建物に回線が引かれている

マンションの建物がすでに工事済みで回線が引かれている場合、部屋と回線を結ぶ工事を行えば光ネット回線でインターネットに繋げるようになります。共有スペースから個人スペースまでの工事になりますが、基本的に光回線が引かれているマンションなら回線引き込み工事は申請だけでスムーズに許可がおります。

引き込み工事の工事費用は自己負担ですが、電柱からケーブルを引く工事に比べると工事費用は安くおさえられます。外から見ただけでは引き込み工事が必要なのか判断できないので、管理会社に回線の状況を問い合わせて確認してください。

自宅に光回線が引かれている

全戸に光回線導入済みというマンションも増えています。回線が導入済みの場合でもプロバイダ契約が必要なケースと、マンション利用者であればインターネット回線が使えるケースの2つのケースが考えられます。前者の場合はプロバイダに連絡をして光プランを申しこめば、手続き完了後にネット接続できるようになります。後者の場合は自宅にある接続端子に回線を接続すれば、すぐにネットにつなげます。

すぐにネットが使えるマンションの場合、プロバイダ料金を含む通信費が管理費や家賃に含まれていれば、あらためて費用を支払う必要はありません。通信費を負担しなくてはいけないマンションの場合は、利用申し込み手続きをすればOKです。

速度を確認

マンションの光ネット回線で注意したいのが回線速度です。光回線はADSLやケーブルなどのその他の光回線と比較すると高速なのが特徴で、ベストエフォートは1Gbpsに達します。快適な通信環境が魅力の光ネット回線ですが、マンションの場合は必ずしも光回線が高速とは限りません。

マンション全体で利用するタイプの接続方式の場合、ひとつの光ネット回線を利用者全員でシェアするため、利用者が増えれば増えるほど回線速度は低下します。100人が住むマンションで住人が一斉にネット接続すると、1人あたりが使える帯域は1Gbpsの100分の1、10Mbpsにまで低下します。

実際には光回線でも安定的に1Gbpsの通信速度が出ることはなく、300~500Mbpsも出れば比較的良好な環境といえるでしょう。実質速度で考えればネット回線の速度が3~5mbpsにまで低下する可能性もあります。

高速が魅力の光ネット回線なのに、これではスマートフォンのLTE回線よりも低速です。回線のベストエフォートだけではなく、マンションにおけるインターネットの利用状況などを考慮した実質的な速度を確認しておきましょう。

あまりにも速度が出ない場合は個別契約もあり

光回線なのにあまりにも速度が出ないようであれば、個別契約で直接ネット回線を自室に引くのもひとつの方法です。マンションタイプの契約ではなくファミリータイプの契約になるため、工事費用や月額料金の負担は増しますが、高速通信ができるネット環境が引けることを考えれば、負担増を受け入れる価値はあります。

個別に回線を引くにはオーナーや管理会社の許可が必要ですし、高層階の場合は直接回線を引く工事ができない可能性もあります。いずれにせよ事前の確認作業は必須なので、オーナーや管理会社に必ず相談してください。

速度に影響を及ぼす接続方式に注目

光ネット回線への接続は自宅の終端装置に端子をつないで通信を行います。終端装置とは電気でいうところのコンセントにあたるもので、回線工事が終わると自宅にはケーブル端子を差し込んで接続する設備が設けられます。回線接続用の設備はコンセントの横に増設されるのが一般的ですが、装置にはいくつかのタイプがあり、回線速度に影響します。

すでに回線が引かれている場合はタイプを確認し、回線工事をする場合はどのタイプになるかを事前にチェックしましょう。装置のタイプによってモデムとの接続方法が変わります。

共有方式で通信速度は100Mbpsまでの「VDSL方式」

「VDSL方式」は光回線をマンション全体でシェアするケースで見られるタイプです。回線を共有してシェアするマンションでは、大元になる回線を共有スペースへ引き込んでから電話回線経由で各部屋へ回線を分配します。端子の形状はモジュラージャックと呼ばれるタイプで、アナログ回線でインターネットを利用していた経験者にはなじみ深い形状です。

VDSL方式には通信速度が上下ともに100Mbpsまでという上限が存在します。最速1Gbpsの光回線と比較すると見劣りするものの、マンションでひとつの光回線をシェアすることを考えれば十分な速度です。30Mbps以上の速度が出ていれば4k動画なども快適に試聴できますし、ストレスを感じずにネットを使える速度です。

LANケーブルで接続する「LAN配線方式」

「LAN配線方式」はVDSL方式と同じく共有タイプの光回線で見られる方式です。VDSL方式との違いは回線との接続方法で、VDSLが電話回線経由で接続しているのに対して、LAN配線方式はLANケーブルで接続しているという違いがあります。通信専用のLANケーブルで接続するので周辺の影響を受けにくく、VDSL方式よりも安定舌通信が期待できるという特徴があります。

LAN配線方式で自宅に設けられるのはLANコンセントと呼ばれる接続装置です。LANコンセントとモデムはLANケーブルで接続します。通信速度は上下ともに100Mbpsと理論値はVDSL方式と同じですが、安定性が確保されているため、LAN配線方式の方が速度が出やすくなっています。

最高速度の「光回線方式」

最高の速度が期待できるのが「光回線方式」です。光回線方式は電柱から引き込んだ光ファイバーケーブルが欠く子に直接引き込まれている方式で、他の接続方式と比較すると速度が早いのが特徴です。光回線方式の最高速度は1Gbpsで、ファミリータイプ並の速度が期待できます。実際には周辺の利用状況の影響を受けるため、そこまでの高速通信は現実的ではありませんが、他の接続方式よりも安定性と速度は向上します。

光回線方式の接続タイプは光コンセントと呼ばれますが、直接接続することはできません。光コンセントは専用のONU(回線終端装置)と接続され、そこからルーター等と接続することでネット環境を構築します。

光回線工事ができない場合

マンションに光回線がなく工事も不可能な場合、光ネット回線の利用は諦めざるを得ません。粘り強く交渉を続けるのもいいですが、工事の見込みがなければ別の方法でネット回線を確保することをオススメします。

光回線導入の見込みがたたないときは、モバイルWi-Fiルーターなど無線タイプのネット回線を検討しましょう。速度や通信上限など光回線と比較すると見劣りする点はありますが、工事不要でネット環境が手に入るのは大きなメリットです。

-未分類

Copyright© インターネット回線の比較ポイントまとめ|速度・回線種類・注意点 , 2019 All Rights Reserved.