ネット回線の比較ポイントまとめ|速度・回線種類・注意点

インターネット回線の比較ポイントまとめ|速度・回線種類・注意点

速度低下しやすい最近のネット回線事情…空いてる回線を探そう!

投稿日:

プロバイダとネット回線と最近の速度事情

本題に入る前に、プロバイダ業者とネット回線業者の違いを簡単に説明しておきます。例えば、「OCN 光 with フレッツ」は「OCN」がプロバイダ名で、「フレッツ」はNTTが提供しているネット回線のサービス名となっています。フレッツはNTTの東日本とNTT西日本が提供しているサービス名で、名前はどちらもフレッツですが、利用地域によって回線の管理会社がNTT東日本とNTT西日本に分かれています。

以前はインターネットを利用する際、「回線業者」と「プロバイダ業者」、両方と契約する必要がありましたが、現在は光コラボレーションという形でプロバイダがNTTなどの回線業者から一定の回線を借り受け、それを使って利用者と直接インターネット契約ができるようになっています。

一つの会社に統一して料金を支払う形になるので、「支出を把握しやすく明細も一つ見ればそれで済む」ようになっています。また、「二つの会社に対して、別々に料金を支払う形よりも安い価格でインターネットを利用できる」というメリットがあります。

一方、デメリットは、「加入者が多すぎて借り受けている回線の容量やプロバイダの処理能力を超えるほどの利用量が発生したとき、ネットの接続および閲覧速度が著しく落ちる」こともある点です。

例えば、同じOCNを利用していたとしても「OCN 光 with フレッツ」と光コラボレーションの「OCN光」を比較したとき、後者の方が利用できる回線が少ないため、速度低下を起こしやすい状況になっているのです。では「OCN 光 with フレッツ」なら速度低下は起きないか、と問われればそんなことはありません。

自動車のバイパス道路のようなもので「複数車線があってもそれを超える量の車が殺到すれば渋滞になる」という理屈と同じです。利用者増大による通信速度低下は半ばどうしようもないことなのです。それを回避するには、車なら「利用者の少ない地元の人だけが知っている裏道を使う」ように、インターネットの場合も「利用者の少ない回線業者を使う」必要があるのです。

利用者の少ない回線業者は?

全国展開していて、ほぼ全ての地域でサービスが受けられるNTTの東西は、それに比例して利用者数も半端な数ではありません。そのNTTと契約するということは「(特に都市部は)自ら速度低下の可能性が高いネット回線を選んでいる」のと同じことを意味します。

全国展開しているNTTと、サービス提供地域が限定されているネット回線業者を比較した場合、後者の方が利用者数は少ないため、速度低下の可能性を減らすことができるでしょう。提供地域が限定されている回線業者には、CATV(ケーブルテレビ)系、電力会社系、最近ではau(KDDI)の提供している光回線が該当します。

それぞれの特徴として、CATV系や電力会社系はネット回線の提供会社がプロバイダも兼ねていることが多く、一部を除いてプロバイダの選択に関する自由度はありません。auの光回線サービス「auひかり」は「@nifty、@TCOM、AsahiNet、au one net、BIGLOBE、DTI、so-net」(※)のプロバイダと提携しており、少ないながらも選択は可能です。

ただCATV系は小規模な会社が多く、回線の大幅な増強などが難しいため、インターネットの接続速度も一般的な光回線より低いことが多いです。より高い速度を求めるのであれば、選択肢からは外した方が良いでしょう。

となると、電力会社系かauひかりかという話になるのですが、利用者が少ないことを期待して契約するのであれば、電力会社系の方が良いでしょう。電力会社系といっても電力会社自体が運営しているわけではなく、複数の電力会社が出資して会社を作り、その会社がネット回線を運営している形になっています。

具体的に名前を挙げると以下のような会社があります。

コミュファ光(中部テレコミュニケーション/ctc)

https://www.commufa.jp/

eo光(ケイ・オプティコム)

http://eonet.jp/go/

MEGA EGG(中部電力グループ)

http://www.megaegg.jp/

Pikara(STNet、四国電力)

http://www.pikara.jp/

BBIQ(QTnet、九州電力)

http://www.bbiq.jp/

かつて関東圏ではTEPCOひかりが定番だったのですが現在は撤退し、その後KDDIが引き継いで「auひかり」としてサービスを提供しています。この中では、コミュファ光が個別にプロバイダを選択するプランも用意しており、現在は「au one net、エディオンネット、so-net、@nifty、BIGLOBE、ODN、TNC、hi-ho、IIJ、MediaCat」(※)の中から選択可能です。現在使用中のプロバイダがあれば引き続き利用できます。

電力会社系光回線の場合、1Gの高速プランしかないかといえばそんなことはありません。ADSLの様に、「速度は遅いけれども、安いプラン」というものが大体どこの会社にもあります。ネットの使用頻度が低く、100Mもあれば十分というのであれば、そういった安いプランを選択することも可能です。

反対にコミュファ光のように長期契約(携帯電話や格安SIMの2年縛りのようなもの)を交わすことで、「最安であるはずの30Mプランより1Gプランの方が安くなる」などという仕組みもありますので、しっかり内容を比較する必要があるでしょう。

※どちらも2017年11月現在

auひかりにする場合に気をつけること

auひかりの場合、最終的な速度はプロバイダの処理能力に依存することになります。

大手で金銭的な体力があり、今後も回線増強などを見込めそうなのは「au one net」「BIGLOBE」「so-net」あたりです。しかし、知名度も高いので今後利用者が増えることも予想され、その場合は「せっかく人の少なそうなネット回線を選んだのに、プロバイダがボトルネックになって速度が出ない」ということも考えられます。

ネットサービス会社としては大手かつ老舗ですが、「@nifty」は以前ほど知名度が高くはないので、それを狙って契約するという方法も一つの手です。これらの中から既に利用している会社があれば、そのまま維持しても良いですし、プロバイダの評判が悪くて速度改善を狙うのであれば、他のプロバイダと契約し直すのもありでしょう。

とはいえ、プロバイダも回線も利用地域によって速度が異なるので、都市部では遅くて有名なOCNとフレッツ光の組み合わせでも、時間帯を問わず田舎では十分な速度が出るということはよくある話です。

ですから、契約前には利用地域でのプロバイダの速度に関する口コミや評判などをネットで集めたり、実際に利用している知人などから各プロバイダの快適さを聞いてみたりするなど、じっくり比較してから決めることで、速度低下の多いプロバイダと契約する可能性を下げることができるでしょう。

契約前にキャッシュバックなどの特典の比較も大切

契約するネット回線の会社を決めたのなら、「契約するルート」の選定もまた大切な要素です。

一般的にはネット回線を運営している会社のウェブサイトから直接契約した方がトラブルが少なく無難ではあるのですが、正規代理店を通した方が大きく得をする場合もあります。キャッシュバックキャンペーンがあったり、高額な商品券をもらえたりするケースもあるためです。

「代理店経由の方が必ず得だ!」と断言できれば良いのですが、キャンペーンが行われている時期によっては公式サイトから直接契約した場合のみキャッシュバックが付いたり、代理店から契約した場合にはキャッシュバック以上に高額な商品券を得られたりなど、時期や利用者によって得かどうかが異なる場合があるのです。

商品券が欲しいのであればその人にとっては代理店の方が得になりますし、それが不要であれば公式との直接契約の方が得になるといえるでしょう。

ですから、時間はかかるかもしれませんが、プラン内容を読み込んでどちらが自分にとって得かしっかり判断して決めることが大切です。速い回線をよりお得に契約したいのであれば、比較した内容をもとに、自分で判断できるだけの知識を蓄えるのが重要になってきます。

少し大変かもしれませんが、後々後悔しないためにも、利用前にネット回線の評判や契約する場所での特典の違いなどをしっかり吟味してから、契約することをおすすめします。

-未分類

Copyright© インターネット回線の比較ポイントまとめ|速度・回線種類・注意点 , 2019 All Rights Reserved.