ネット回線の比較ポイントまとめ|速度・回線種類・注意点

インターネット回線の比較ポイントまとめ|速度・回線種類・注意点

ADSLと光|ネット回線の速度を比較&仕組みの違いを解説

投稿日:

ADSL回線と光回線の違いとは?

現在インターネットに接続するネット回線はいくつか存在しますが、自宅でのインターネット接続にはADSL回線か光回線をネット回線として利用するのが一般的だといえるでしょう。今回はこのADSL回線と光回線の違いを比較します。

ADSL回線とは

電話回線を利用してデータ通信を行う通信方式で、ネット回線としては最もオーソドックスな「アナログ回線」であるISDNの通信速度を高速化したものです。しかし、ネット回線の通信環境の改良が行われた現在では、旧式のデータ通信方式といえます。

普及率の高い一般電話回線を利用するので、建物に既に電話線が引き込まれている場合は回線工事の必要がなく、イニシャルコストを気にしないで気軽に利用できるのが特徴だといえるでしょう。しかしながら銅線を使用した電話回線は旧式の音声通話を目的に開発されており、データ通信を目的とするインターネットでの使用は2次的なものとなります。

このことから回線基地からの距離が離れた場合の減衰や、減衰からくる通信エラー、強風時などに空気との摩擦で発生するノイズなど、ネット回線としての問題を多く抱えているともいえます。

光回線とは

データ通信用に開発された光ファイバーを利用して行う通信方式で、固定回線で行われるデータ通信の規格では最新のネット回線だといえるでしょう。光ファイバーの中を流れる光の屈折を利用してデータ通信を行うので、理論的には回線基地からの距離による減衰がありませんし、減衰からくる通信エラー、強風時などに空気との摩擦で発生するノイズなど、ADSL回線が抱える物理的な問題をクリアしているといえます。

文字通り光ファイバーの中を走る光を利用して通信を行う光回線は、銅線に流れる電気信号で行うADSL回線に比べると圧倒的に通信速度が早いことが特徴だといえるでしょう。

ADSL回線と光回線の通信速度の違いとは?

データ通信に使用する導線と、通信データの伝達方法が違うことによって、ADSL回線と光回線では通信速度に大きな開きが発生します。データ通信にはメールの送信や写真、動画のアップロードに関わる上りのデータと、サイトを開きメールを受信したり、データのダウンロードに関わる下りのデータがあります。

ADSL回線はシステム的に下りのデータを優先させてしまうので、上りの通信速度が遅くなってしまう傾向にありますが、光通信の場合は上り下り共に同等な速度で安定しているため、効率よくインターネットを利用することができるといえるのです。

ADSL回線のデータ通信速度は?

加入する料金プランによって、ADSL回線のデータ通信速度は大きく異なります。8Mbps、12Mbps、26Mbps、50Mbpsの料金プランが設定されており、データ通信速度が速いほど使用料は高くなっていきます。

ウェブサイトの閲覧や、メールの送受信を主なインターネットの利用とする場合には、ADSL回線のデータ通信速度で十分に対応できるといえますが、動画サイトの利用やオンラインゲームを楽しみたいと考えている方には、ADSL回線では満足なデータ通信速度が確保できないといえるでしょう。

以前はADSL回線のデータ通信速度でも動画配信サイトを快適に利用することが可能でした。しかし、HDや4K画質のコンテンツが増加した現在はADSL回線のデータ通信速度では読み込みが遅く、快適な利用が望めなくなってきています。

光回線のデータ通信速度は?

非常に多くの分配を行う集合住宅などでは最大100Mbps、一般的には1Gbpsといわれています。これは既述したADSL回線のデータ通信速度と比較すると2~125倍にも匹敵する速さといえますが、一般的には光回線はADSL回線の20倍として考えられています。

これだけのデータ通信速度があれば、動画鑑賞やオンラインゲームなど、あらゆるインターネットコンテンツにアクセスしても快適に楽しむことができるでしょう。

インターネットのデータ通信速度が異なるとどうなるのか?

コンピュータ端末やスマートフォン、タブレットなど現在インターネットにアクセスすることが可能な端末は多種多様です。技術革新によってこれらの端末は非常に高い情報処理能力を持つものが増え、モニターの中でいくつものタブを開いてもサクサクと表示されます。

情報処理端末のスペックが上がったことによって、利用者のニーズも高まり、データ通信事業者を選ぶ際には提供されている通信サービスの通信速度が重要視される時代になってきました。しかし通信速度が遅い場合は、目的のページを開くまでの読み込みに時間がかかることから、情報処理端末の動きが悪くなります。

これはネット回線の利用にストレスを感じると共に、場合によっては情報処理端末にかかる負荷が高くなり、バッテリー消費量も増え、バッテリーが高温になりやすい等のデメリットも発生してしまいます。快適でないインターネット環境は、ユーザーと使用するデバイスにとってストレスとなるといえるでしょう。

光回線は完璧なネット回線なのか?

データ通信速度の点を比較すると、圧倒的に光回線が有利なようにも見えますが、実際に光回線はネット回線として完璧なのでしょうか?ADSL回線と比較すると光回線はイニシャルコスト、ランニングコスト共に高額になっています。

現在、光回線を使用したネット回線サービスを提供している企業の月額使用料を確認すると、携帯電話キャリアの提供するものは5,200円程度の使用料が必要となります。また、プロバイダーが提供する光回線の場合は4,820~5,200円程度となっています。

さらに関東、東海、九州、四国、近畿と福井の5つのエリアで展開する地域密着型の5つの企業では4,500~5,130円で光回線が使用できます。最後に、光回線の大手企業の場合は6,100円程度の使用料が必要です。これに対してADSL回線の月額使用料は一般的に3,000~3,900円程度と、2~5割程度も安くなるのは、注目すべき点といえるでしょう。

動画やオンラインゲームなど高速なデータ通信速度を必要とするコンテンツを利用しない方にとっては、ADSL回線のリーズナブルさは非常に大きな魅力となります。ただし、光回線の契約形態によっては高額キャッシュバックのサービスを受けられることもあるので、利用したいエリアの光回線サービスを提供する企業を何社か選んで、金額を比較してみることをおすすめします。

今後のインターネット回線の行方は?

インターネット上のコンテンツのデータ量が大きくなり、手元の情報処理端末の情報処理速度が向上している現在、インターネットのサービスにおいて通信速度はサービス内容の中で大きなボリュームを占めるものになっているといえます。

一般的に1Gbpsであった光回線のデータ通信速度も、従来の通信速度の倍の2Gbpsという速度を提供する企業が出現していますし、通信速度競争はますます過熱していくことでしょう。ADSL回線の新規登録を廃止する企業も出始めましたが、一旦整備された通信インフラが全廃されることは考えられにくいことから、まだまだ利用価値のあるデータ通信方式だといえます。

必要最低限の通信速度で十分満足できる利用状況の方にとって、ADSL回線はおすすめできる通信方式です。またハードユースを前提に検討している方は光回線と契約し、積極的にデータ通信を行うべきでしょう。

-未分類

Copyright© インターネット回線の比較ポイントまとめ|速度・回線種類・注意点 , 2019 All Rights Reserved.